柴川敏之|2000年後のなんでそんなん発掘調査展

SHIBAKAWA TOSHIYUKI|PLANET NANDESONNAN EXCAVATION RESEARCH EXHIBITION

化石化した「なんでそんなん」な物ばかりが並ぶ展覧会
見慣れた日用品を化石にすることで「2000年後に発掘された現代社会」をリアルな形で提示する美術家 柴川敏之。柴川は、火山噴火によって一瞬で姿を消したイタリアのポンペイなど「突如消失した文化の痕跡」との出会いをきっかけに制作を続けている。スマートフォン、キューピー人形、トロフィー、マスク、車椅子など、モチーフも様々。携帯電話一つをとってみても時代を感じさせるものであり、同時に「社会」を連想することになる。
一方、「なんでそんなんプロジェクト」に集まった事例には、他者から見ると理解しがたい行為や、痕跡としての物を主体とし、「個人」に由来するものが多い。そして、既製品のように、誰もが分かる形のものが少なく、一目で理解することが難しい。もともと他者から理解されづらい行為や物が「なんでそんなん」の特徴だが、これらが 2000年後に化石として出土したなら…。
本展は、化石化した「なんでそんなん」な物ばかりが並ぶ展覧会。2000年後の考古学者が不可解な出土品を見つけ、「想像力を駆使して理解しようと試みたなら」。そんな研究調査の過程と成果をご覧ください。

 

 

会期
前期|2024年3月5日(火)〜3月16日(土)
後期|2024年3月20日(水)〜3月31日(日)
※3/31(日)最終日は開廊
時間|10:00〜16:00
定休|日、第1・第3月
会場|イドノウエ (岡山県都窪郡早島町前潟126)
観覧|無料
主催|ぬか つくるとこ
企画|そのうち国際芸術祭
助成|公益財団法人 福武教育文化振興財団

 

【前期・後期について】
【会期前半】は、化石作品に「詳しい記述の無いキャプション」を配し、発掘されたばかりの出土品を皆さんが未来の考古学者になったつもりで想像力を駆使してご覧いただけます。
【会期後半】は、「詳しい記述の有るキャプション」を配し、不可解な出土品の名称や経緯が解明されます。会期中に二度足を運んで頂けると、さらに「2000年後のなんでそんなん」な世界へ皆さんを誘うことでしょう。

 


 

【トークイベント】
日時|2024年3月31日(日)14:00 – 16:00
会場|ハナレ(イドノウエ横)
登壇者
柴川敏之(美術家)
柴川弘子(ESD研究者)
柳沢秀行(大原美術館学芸統括)
小森真樹(アメリカ文化・ミュージアム研究者)

作家自らの家庭やケアにまつわる問題をテーマに展示した『ぼくのおくさん☆柴川敏之展|PLANET HOME』(つなぎ美術館 / 2018)。会場内に展示された作品群と共に、家庭内で起きている事件が語られていました。このように外からは見えにくい、ごく個人的な日常を作品として公開することで、さまざまな人たちが自由に解釈し、考えるきっかけが生まれます。「2000年後のなんでそんなん」も、理解しがたい他者の行為やその痕跡に対して「作品化/化石化」を試みることによって、もともとそこに存在していた行為者や発見者の視点を再度想像し、2000年という壮大な時間軸を背景に多様性について思考します。柴川氏のパートナーであり、ESD(持続可能な開発のための教育)研究者の柴川弘子氏(岡山大学助教)を始め、大原美術館学芸統括の柳沢秀行氏、アメリカ文化・ミュージアム研究者の小森真樹氏(武蔵大学准教授)をお迎えし、子育てや介護、家庭など身近な「なんでそんなん」を足がかりに、トークを通して一緒に考えることができたらと思います。

 

プロフィール
柴川敏之 SHIBAKAWA Toshiyuki
美術家。1966年大阪府生まれ。広島大学大学院修了。イタリアのポンペイ遺跡など、突如消失した文化の痕跡に触発され、「2000年後から見た現代社会」をテーマに制作を続ける。ミュージアムをはじめ、歴史的建造物や商店街など、地域や場所にこだわった展覧会やプロジェクトを展開。同時に多様な人々を対象にしたワークショップを行っている。就実短期大学教授。
ホームページ|toshiyuki-shibakawa.com

 

柴川弘子 SHIBAKAWA Hiroko
研究者(ESD・社会教育)。岡山県出身。学生時代、直島でのアーティストの通訳経験を機に現代アートに関心を持つ。高校英語教員を経て、神戸大学大学院・人間発達環境学研究科にて博士号を取得。岡山大学大学院教育学研究科・ESD協働推進室助教として、主にESD、教師教育、社会教育の研究および支援を行う。論文:「ESDにおけるEducation『教育』概念の批判的検討」(2017年)他。『ぼくのおくさん☆柴川敏之展|PLANET HOME』つなぎ美術館(熊本)では、ゲストキュレーターを務めた。
ホームページ|https://www.toshiyuki-shibakawa.com/blank-64

 

柳沢秀行 YANAGISAWA Hideyuki
公益財団法人 大原美術館 学芸統括。なんでそんなんプロジェクトアドバイザー。筑波大学芸術専門学群芸術学専攻卒業。1991年~岡山県立美術館。2002年~大原美術館。日本の近現代美術史研究を基軸に美術(館)と社会の関係についての調査、実践を行う。絵画や彫刻のようにモノとして存在するアートのみならず、世界の姿をみつめ、再認識を促すアートの在り方にも関心を持つ。
ホームページ|https://www.ohara.or.jp/

 

小森真樹 KOMORI Masaki
1982年岡山生まれ。武蔵大学人文学部准教授、立教大学アメリカ研究所所員。専門はアメリカ文化研究・ミュージアム研究。美術や映画批評の他、雑誌や展覧会・オルタナティブスペースなどの企画にも携わる。ウェブマガジン〈-oid オイド〉編集中。近著に、「美術館の近代を〈遊び〉で逆なでする」(『あいちトリエンナーレ2019 ラーニング記録集』)、「ミュージアムで『キャンセルカルチャー』は起こったのか?」(『人文学会雑誌』武蔵大学人文学部)、「共時間とコモンズ」(『広告』博報堂、2023年)、『楽しい政治』(講談社、近刊)。編著に『かじこ――旅する場所の108日の記録』など。
ホームページ|masakikomori.com
ホームページ|https://journal-oid.org/

 


 

 


【なんでそんなんプロジェクト】
自分では「理解しがたい」他者の行為やデキゴトを「なんでそんなん」と名付け、それに対してツッコミを入れて面白く捉え直す「プロジェクト」です。日頃よりホームページの投稿フォームより、皆さんの身の回りにある「なんでそんなん」を募集しています。(運営|ぬか つくるとこ)
ホームページ|nandesonnan.com


【そのうち国際芸術祭】
そのうちできるよ。の精神で。そのうちはじまる芸術祭。毎日様々な人が行き交うぬかつくるとこでは、魅力的な作品やデキゴトがたくさん生まれています。そういったぬかの日常(発酵状態)をお見せする試みとして「そのうち国際芸術祭」を開催します。そのうちできるかもしれないものだらけの曖昧跋扈で発酵真っ最中の「ぬかつくるとこ」へぜひお越しください。2021年度より「公益財団法人 福武教育文化振興財団」の助成を受けて事業を実施中


【お問合せ】
ぬか つくるとこ(株式会社ぬか)
Tel|086-482-0002
Email|info@nuca.jp
WEB|nuca.jp
I|instagram.com/nuca_tsukurutoko/
住所|岡山県都窪郡早島町早島1465-1

チラシ

nuca